fc2ブログ
2024-04-08 16:09 | カテゴリ:未分類
  最近は、図書館の雑誌のコーナーで、毎週生成AI関連の記事を拾い読みしている。

  2月12日のこのWINEPブログでは「AI論争へ」というタイトルで、月刊誌である「文藝春秋」と「中央公論」がChatGPTをテーマに特集を組んでいたのを紹介した。

  そしたら、なんと今月号【4月号】で月刊誌「諸君」がAI特集を組んでいた。この雑誌は右寄りの多少癖のある記事ばかり掲載するので、小生は書店でもあまり手に取ることが無いが、今回はタイトルにひかれて、図書館でソファーに座り込んで一気に読んでしまった。以下の5人の記事である。

〇まだまだ遠い「鉄腕アトム」 松原仁
〇「鏡」としての人工知能 川端祐一郎
〇デジタル教育でも学ぶものは同じ 佐々木久美子
〇複数の「正義」で「悪」を無効化する 鳥澤健太郎
〇先端技術を「使い倒す」社会に 平将明

  読んでみて、正直あまりインパクトがなかった。こちらが無知な素人なであるせいかもしれないがだが、ほとんどが先の文藝春秋と中央公論の記事の著者たちの記事の内容とだぶっていると思われた。

  月刊誌は記事を書く著者たちが原稿を編集部に渡して雑誌が刷り上がるまで最低でも1か月はかかっているはずだから、記事の内容が著者から読者の目に触れるまでには約2か月の遅れ(ラグ)がある。だからその間に他の出版社が先行すれば記事の鮮度が極端に落ちることになるわけである。このラグの間にも、生成AIは加速度的な成長を遂げていると思われるからである。

  小生のいたずらな ”生成AIとの遊び” の経験でも、生成AIは今、驚異的なスピードで賢くなっている気がするので、月刊誌での1か月の出版の遅れは、もろに記事の内容に陳腐感が出てしまうように思われる。

  生成AIに関しては、世界の最先端の科学技術者や大学の研究者たちへの取材を欠かさないように、週刊誌や月刊誌には頑張って情報を絶え間なく提供していただきたいと切に思う。

  新聞は毎日新鮮な情報を提供しているが、生成AIに関する調査報道は、中身が月刊紙からの焼き直しだったりして、短かすぎて不満が残る場合が多い。


(森敏)
2023-04-03 15:49 | カテゴリ:未分類
小生のBingへの質問:
リスクが懸念され始めたBingやChatGPTの開発にモラトリアムを設けるべきだという声が開発者自身から沸き上がっていますが、実際にそのようなことが可能でしょうか?誰がどういう組織が開発者を制御するのでしょうか?どんな倫理的な規制の呼びかけにも暴走する研究者が出てくる中国やロシアや北朝鮮の科学技術研究者をモラトリアムに従わせる手法がありますかね?

Bingの応答:
BingやChatGPTの開発者がモラトリアムを設けることは可能ですが、それを制御する組織はありません。AIの開発に関する倫理的・社会的課題に対する慎重な対応が必要であることは確かですが、そのような問題に対する解決策はまだ見つかっていません。また、中国やロシア、北朝鮮の科学技術研究者を従わせる手法については、私たちは知りません。


--------
追記:以下のごとく、モラトリアム期間設定には、開発者の間の軋轢で、まだ意見がばらばらだ。

ロイター編集
[29日 ロイター] - 米実業家イーロン・マスク氏や人工知能(AI)専門家、業界幹部らは公開書簡で、AIシステムの開発を6カ月間停止するよう呼びかけた。社会にリスクをもたらす可能性があるとして、まずは安全性に関する共通規範を確立する必要があると訴えた。

オープンAIが開発したAI対話ソフト「チャットGPT」の最新版言語モデル「GPT─4」に言及し、これを上回るシステムを開発停止の対象にすべきとした。

公開書簡は非営利団体「フューチャー・オブ・ライフ・インスティチュート(FLI)」が発表。マスク氏や米アルファベット傘下ディープマインドの研究者、英スタビリティーAIのエマド・モスタク最高経営責任者(CEO)、AIの大家であるヨシュア・ベンジオ氏やスチュワート・ラッセル氏など1000人以上が署名している。

独立した有識者が先端AI開発の安全性に関する共通規範を策定、実行、検証するまでAIの開発を停止するよう呼びかけた。

「強力なAIシステムは、好ましい効果があり、そのリスクが管理可能であると確信できる場合にのみ開発されるべき」とした。

書簡は人間と競争するAIシステムが経済的・政治的な混乱という形で社会と文明にもたらし得るリスクを詳述し、開発者に対し、ガバナンス(統治)担当の当局や規制当局と協力するよう促した。

FLIの広報担当によると、オープンAIのサム・アルトマンCEOは書簡に署名していない。

マスク氏はオープンAIの共同創業者の1人で、同氏率いる電気自動車(EV)大手テスラは自動操縦システムにAIを使用している。

コーネル大学のデジタル・情報法教授、ジェームズ・グリメルマン氏は「テスラが自動運転車の欠陥AIに対する説明責任を巡り、どれほど激しく戦ってきたかを考えると、マスク氏が署名するのは非常に偽善的だ」と指摘。

「(開発の)一時停止は良いアイデアだが、書簡はあいまいで、規制の問題を真剣に受け止めていない」としている。

オープンAIのサム・アルトマンCEOやアルファベットのスンダー・ピチャイCEO、マイクロソフトのサティア・ナデラCEOは書簡に署名していない。

オープンAIとアルファベットは現時点で、書簡に関するコメント要請に応じていない。マイクロソフトはコメントを控えた。

2023-03-29 04:09 | カテゴリ:未分類
中国がアステラス製薬社員の拘束で露呈した「スパイ容疑乱発」という大リスク
3/28(火)6:21東洋経済配信
 日本企業の駐在員である50歳代の日本人男性が、北京で中国当局によって「反スパイ法」違反の容疑で拘束された。3月25日の報道を受け、同26日にはアステラス製薬が、この男性は同社の社員であることを認めた。アステラス製薬は中国で医薬品の生産と販売を行っており、北京と香港に事務所がある。  松野博一官房長官は27日午前の記者会見で、「今月、中国当局から在中国日本大使館に対して通報があった。日本政府として中国側に早期解放を強く求めている」と説明した。アステラス製薬は「外務省を通じて情報収集し、適切に対応していく」とコメントするにとどめた。

ということで、ChatGPTにスパイ活動の必須性について聞いてみた

「スパイ」を簡潔に定義してみてください。

「スパイ」は、敵対する組織や国家の活動や情報を密かに収集し、それを自らの国家や組織に報告するために働く人のことを指します。スパイは、様々な手段を用いて情報を入手することがあり、その中には違法行為を行うことも含まれることがあります。スパイ活動は国際法上、非常に厳しく規制されています。

国家にとってスパイ活動は必須ですか?

国家にとってスパイ活動は必須であると言えます。スパイ活動は、国家安全保障や外交政策の重要な要素であり、他国の動向や意図を知り、自国の利益を守るために不可欠な情報を提供することができます。
スパイ活動は、戦争や紛争を回避し、テロや犯罪の脅威を減らすためにも役立ちます。また、他国の科学技術や経済活動など、重要な分野における情報を収集することで、自国の発展や競争力を高めることも可能です。
ただし、スパイ活動は法的にも倫理的にも問題があることがあります。情報の収集にはプライバシーや個人の権利などを侵害する可能性があり、法律に違反している場合もあります。また、スパイ活動が他国との関係を悪化させることもあり、外交的なトラブルを引き起こすこともあります。
したがって、スパイ活動を行う場合には、適切な法的手続きや倫理的な観点を考慮しなければなりません。また、外交的なトラブルを回避するためにも、他国との信頼関係を築くことが重要です。

他国との信頼関係を築きながらスパイ活動をするということは論理矛盾ではないですか?

確かに、スパイ活動は他国との信頼関係を損ねることがあり、スパイ活動を行う国と被スパイ国との間に信頼関係を築くことは困難な場合があります。しかし、実際には、スパイ活動を行う国は、被スパイ国との間に信頼関係を維持することが必要であると考えており、そのためにさまざまな手段を講じています。
例えば、スパイ活動を行う国は、被スパイ国の関心や利益を尊重することが重要であり、スパイ活動を行うことで被スパイ国の国家安全保障や経済活動に深刻な損害を与えることがないように注意を払います。また、スパイ活動を行う国は、外交ルートを通じて被スパイ国との対話を進め、問題を解決するための協力関係を築こうとすることもあります。
したがって、スパイ活動を行う国は、他国との信頼関係を損なわないように努め、スパイ活動という手段を通じて国家安全保障や外交政策を推進することができます。ただし、そのためには、法的にも倫理的にも適切な手続きが必要であり、他国の関心や利益を尊重することが求められます。 



(森敏)
2023-03-07 00:05 | カテゴリ:未分類
前回の「直観力」に引き続き、ChatGPTに「独創性」に関して聞いてみた。

得られた包括的な定義(下線の部分)は大胆でなかなかのものであると思う。


各論も非常に興味深い回答で、じっくり味わうと、味が出てくる部分がありますね。

こういうやり取りなら、ChatGPTも結構勉強になります。


問い:
難しい課題かと思いますが、科学技術や芸術における「独創性」をできうる限り包括的に定義してみてください。

回答
「独創性」とは、新しく創造的なアイデアや創作物を生み出す能力や特性を指します。科学技術や芸術において、独創性はそれぞれ異なる形で現れますが、一般的には以下のような特徴があります。

新しさ:独創的なアイデアや創作物は、これまでになかったものであることが多いです。これは、既存の知識や技術を組み合わせることで生まれることもあれば、全く新しいアプローチや発想に基づいていることもあります。

独自性:独創的なアイデアや創作物は、その創造者自身の思考や経験に基づいています。そのため、他人とは異なる視点やアプローチが含まれることが多く、創造者の個性や独自性が表れます。

複雑さ:独創的なアイデアや創作物は、しばしば複雑なものであることがあります。これは、新しいアイデアを形にするために、多くの要素や概念を組み合わせる必要があるためです。複雑なアイデアを扱うためには、高い認知能力や知識が必要となります。

意義:独創的なアイデアや創作物は、しばしば社会的な意義を持っています。科学技術においては、新しい発明や技術の開発が、社会の問題を解決するために役立つことがあります。芸術においては、独創的な作品が社会に新しい価値観や文化的な視点を提供することがあります。

以上のように、「独創性」は、新しさ、独自性、複雑さ、意義の四つの要素から構成されるものと捉えることができます。これらの要素を備えたアイデアや創作物は、その分野において革新的なものとなることがあります。






ー--------
(森敏)
2023-03-06 01:22 | カテゴリ:未分類
Chat GPTに、「直観」を定義してもらった。

私見ではこの回答の最後の定義はけっこういい線を行っているんではないかと思います。




問い:
直感とは何ぞや? 直感を過去や現在の哲学者や科学技術論者の定義を包摂して、可能な限り定義してみてください。


回答:
直感とは、人間の知覚能力の一種であり、理性的な思考や分析的な思考に先行して、無意識的に生じる判断や洞察力、または感覚的な理解のことを指します。直感は、感覚的な情報、個人的な経験、知識、記憶、感情などを基に、瞬時に判断や決定を下すことができます。

哲学者の中には、直感を理性と対比して、感性的な知覚や経験的な知識を指す用語として使用する人もいます。例えば、ルネ・デカルトは、直感を「明晰な知覚」と定義し、理性的な推論よりも信頼性の高い判断を生み出すものとして考えていました。また、ジョン・ロックは、経験主義的な立場から、直感を「知識の源泉」として位置づけました。

一方、科学技術論者の中には、直感を非常に重要な能力と位置づける人もいます。例えば、アルベルト・アインシュタインは、「想像力は知識よりも重要である」と述べ、直感的な洞察力が科学的発見に重要な役割を果たすことを強調しました。また、スティーブ・ジョブズは、直感力を持つことの重要性を説き、創造的な問題解決やビジネスの成功において、直感が重要な役割を果たすことを指摘しています。

総合すると、直感とは、感覚的な情報や経験、知識、記憶、感情などを基に、無意識的に生じる判断や洞察力、または感覚的な理解のことを指します。哲学者や科学技術論者の中には、直感を重要な能力として位置づける人も多く、直感的な判断が理性的な思考や分析的な思考に先行することがあるとされています。


ーーーーーー

(森敏)

追記1:追ってChatGPTに対して次の問答をしてみました。あまりシャープな答えではありませんが参考にはなると思います。

問い:
「直観力」というものがあるとすればその能力を高める技法はあると思いますか?

 
回答:
直観力は、人間の心の中にある直感的な判断力や洞察力を指す言葉です。この能力を高めるためには、以下のような技法があると言われています。

マインドフルネス瞑想: マインドフルネス瞑想は、自分自身の内面に注意を向け、自分の感情や思考に注意を払う瞑想の一種です。この瞑想を行うことで、自分自身に集中することができ、直観力を高めることができます。

クリエイティブな活動: クリエイティブな活動を行うことで、直観力を高めることができます。例えば、音楽を演奏したり、絵を描いたりすることで、直感的な表現力を高めることができます。

問題解決の練習: 問題解決の練習を行うことで、直観力を高めることができます。例えば、クロスワードパズルや数独を解いたり、問題解決に取り組むことで、自分の直観力を養うことができます。

経験から学ぶ: 経験から学ぶことで、直観力を高めることができます。経験を通じて、自分自身が何を感じるかを理解し、それを自分の直観力として活用することができます。

質問を繰り返す: 質問を繰り返すことで、直観力を高めることができます。自分自身に質問を繰り返すことで、自分自身の直観的な感覚を活用することができます。

以上のような技法を取り入れることで、直観力を高めることができます。ただし、直観力は個人差があり、環境や経験によっても変化するため、一概に効果があるとは言い切れません。



追記2: 追加質問してみた。

問い:
60年以上前に「直感とは、はなかんずく、論理である」とルカーチが述べています。どう思われますか?


回答:
ルカーチのこの言葉は、直感と論理が密接に関連していることを示していると思います。直感的な判断や決定をする場合、論理的思考プロセスも働いているのです。

例えば、ある状況で直感的に何かを感じ取ったとします。その直感は、以前の経験や知識、感情などから得られた情報を総合的に評価して得られたものかもしれません。この過程において、論理的思考が働いていると言えます。

一方で、直感による判断が誤っている場合もあ:::::::(途中で返事が来なくなった。困惑したのかな?)
FC2 Management