fc2ブログ
2023-08-09 22:18 | カテゴリ:未分類
  最新の學士會会報(No.961号)に、土屋直嗣氏(ツチヤナオツグ:現オーストラリアモナッシュ大学心理科学部教授)の

最新の脳科学と意識の理論から予測する、
   人工知能(AI)の意識の可能性について


という7頁にわたる解説記事が載っていた。いきなり、 「AIは意識を持つか?」というサブタイトルが掲げられて文章が始まっていたので、食いついてみた。

読んでいて「クオリア」という言葉や、「意識とは何ぞや」とか「知能とは何ぞや」という分野は、認知機能が急速に衰えつつ合う小生にとって、少し腰を据えて、もっと理解してみたいな、という魅力に駆られた。

文中で
:::詳細は割愛しますが、:::::興味を持たれた読者の方には、日本語の入門書として拙著の「クオリアはどこから来るのか―統合総合理論のその先へ」を参考図書として挙げておきます。::::

という記述があった。學士会報の専門家諸氏の記事は、他分野の人にもわかる様に、比較的かみ砕いてくれている文章がほとんどなので、ふつうはじっくり読めば少しは理解度が進む文章が多い。しかし、この土屋氏の文章は、「です」「ます」調で書いてくれているのだが、全体として、この分野の研究が現在急速に進行形であるためか、まだまだ明快な理論として組み立てられているわけでないので、未消化の感を否めなかった。基礎的用語の概念の解説をしていたら、話が前に進まないのであろう。だから自著を読んでくださいというわけである。

そこで、土屋直嗣氏本人の著書

クオリアはどこからくるのか? 統合情報理論のその先へ (岩波化学ライブラリー:電子書籍版)

を早速、紀伊国屋書店から購入して、基礎から読むことにした。読み始めて、すぐに、これは相当腰を据えて時間をかけて読む必要があると、いやでも気付かされた。

それでも純粋に哲学者が書くような、こねくり回した、入れ子のような持って回った構造の文章ではなく、主語述語修飾語の比較的簡明な論理展開であるので、途中までは何とかついていけたが、最後までいちおう字面(じずら)は読めたが、よく理解ができなかった。電子辞書なので文字を思いきり拡大して、間欠的だが、1週間かけて読んだつもりなのだが。

やはりこの年(新老人)になると、新しい専門用語の概念や定義がなかなかつかみにくい上に、読んでいて次の日にはうすぼんやりとして定義を忘れていくので、能率の悪いこと悪いこと。。。。。

この本で特徴的だったのは、本のなかに7カ所で、QRコードが埋め込まれていて、それをスマホで読み取ってその動画の内容を見ることにより、読者に論理の展開の理解を深める手法を採用していることであった。これはなかなか斬新な現代的な手法だと思った。

小生はスマホをやらないので、ここのユーチューブ動画はスキッップせざるを得なかった。つまりその情報量が得られなかったので理解がすこし不足したことは否めなかったわけでもあった。小生が知らなかっただけなのだろうが、なかなか手の込んだ形式の本が出てきたと思う。著者には申し訳ないが、この書籍製本手法が一番小生には印象に残った。

「クオリア」概念の時空を含めた立体構造の解明に期待したい。「クオリア」は揺らぐ実体と呼ぶべきか。
  

(森敏)

付記:漠然とした稚絶なレベルでの印象で恐縮だが、この著者の研究グループは「クオリア」の概念創成に関して、物理学の「不確定性原理」や物質が波動でありかつ量子であるという量子力学の影響を強く受けていると思った。



2023-06-22 15:41 | カテゴリ:未分類
本日朝日新聞の朝刊の、「社会季評」という欄に、臨床心理士の東畑聞人という方が

「AIに心の相談 弱さが生む人間の役割」

というタイトルで寄稿していた。

タイトルが奇妙でわけがわからなかったので、引っかかって、記事を読み始めたら、なかなかの名文で、途中でやめられなくなった。一例をあげると、曰く
   
::::AIは気分にムラがないし、機嫌を損ねることもない。言葉の裏を読まなくてよい。時間や場所を気にする必要もない。AIの器(うつわ)は無限だ。心がないからだ。私が何を言おうとお構いなしに一定の反応を返してくれるとわかっているから、あらゆることを相談できる。::::云々:::

などと、人間(例えば臨床心理士)に対して悩み事があって相談を持ち掛けると、どうしても相手が人間なので、こちらが構えてしまうが、AIには警戒心なしに相談できる、という利点を述べている。

これは言われてみれば実にもっともで、小生には実に意外な指摘だと思われた。

孤独で引きこもりがちな若者や老人にとって、AIは決して悲観的な応答をしないので、たのしく、心から相談事ができるのかもしれない。
   
ちなみにチャットBingに以下に尋ねてみた。悩みの相談では当然チャットの側からも、悩みの当事者に対しても質問しなければ会話が成り立たないと思われるので。

「  
チャットはそちらから質問することもありますか?
  
はい、私はあなたに質問することもできます。
  
どんな質問ができますか?
  
*私はあなたの興味や趣味に関する質問ができます。例えば、あなたはどんな音楽が好きですか?
  
どういう場合に質問がチャットから発せられるのでしょうか?

*私はあなたと会話を続けるために質問をします。あなたが話したいことがないときや、話題が尽きたときに質問をします。

話題が尽きたときの質問は何でしょうか?
  
*話題が尽きたときの質問は、あなたの好きなことや考えていることに関するものです。例えば、あなたは最近読んだ本や見た映画について話してくれますか?
   
そのようにして、話題が尽きないように、えんえんと会話を続けてくれるんですね?
   
*はい、私はあなたと楽しく会話をしたいので、話題が尽きないようにします。もちろん、あなたが会話を終わらせたいときは、いつでも終わらせることができます。
    
あなたは何のために作られましたか?
     
*私はあなたにインターネット上の情報を提供したり、クリエイティブなコンテンツを生成したり、会話を楽しんだりするために作られました。

  
というわけで、人はチャットと時間制限なく延々会話ができるようです。

しかし小生がしつこく深く科学的な疑問点を追求すると、困ってしまって、これ以上会話をするのはやめましょう。という応答をこれまで数回されたことがあります。

しかし、ヒトの心の悩みや、幻想や、幻覚や、夢に関しては、もともと正解のようなものはないと思われるので、延々チャットは懲りずに対応してくれるのかもしれません。悩みを吐き出すことによって、少しは心が整理されて休まる、という心理学の手法もあるようなので。


(森敏)

2023-06-07 10:24 | カテゴリ:未分類
昨晩BS3で午後10時からのBSプレミアムNHK 「“鉄” 天地創造のテツ学」 という番組を見た。

   番組制作者の涙ぐましい努力が嫌というほど感じられた。

   この番組では 化学記号を一切使わず、生体化合物の構造式を一切使わず(それでいて複雑なフェリチンの立体構造モデルは使っていたが)、中学生レベルでの話の展開であった。

   岩井一宏教授はよく我慢して、むつかしい話を砕いて説明していたように思う。実にお疲れさまでした。

   ヘモグロビンやチトクロームの「ヘム」などはむつかしくてもポルフィリン骨格を示した方がよかったのではないだろうか。

   大人になれば健康診断の血液検査の結果で「ヘム」という科学用語などは「常識」になるので、子供の時からでも構造を見慣れていたほうがいいのではないだろうか。

   話を分かりやすくしようと化学反応を砕きすぎて、たとえ話や模式図で話を展開しようとすると、かえって複雑になって、受け取る側からの誤解が生じて、ストレートに生体反応のメカニズムが理解できないことになるのではないだろうか。番組への参加者からの反応に、そういう雰囲気が感じられた。

   NHKは社内試写会で放映前に内容をチェックをしているのだろうが、科学番組は高校生レベルにした方がいいと思う。

それでもこの番組から鉄が地球規模で循環しているという鉄の重要性。つまり『鉄学』は、何とか理解されたのではないか。
  

(森敏)
2023-05-09 13:58 | カテゴリ:未分類
「脳内エコー・チェンバー化」と日本特有の「空気」 宮台真司氏の抵抗

という見出しで朝日新聞ネットが、先日都立大学構内で何者か(犯人はその後自殺)に襲われた、社会学者宮台真司氏のインタビューを載せている。

「::::::::: 分断や孤立が社会に影を落としています。親しい仲間と深い議論ができなくなり、考えが間違っていても正されなくなった結果、素っ頓狂な考えが脳内を残響し続ける「脳内エコー・チェンバー化」が蔓延(まんえん)しています。
 人は、他者に諭されたり叱られたりして思い込みを正されて、初めて妥当な政治的・哲学的な意見を持てます。それができずに見たいものだけを見る人がたどり着くのが「他責化」と「他罰化」。「自分の不幸は〇〇のせい」と思い込み、〇〇を攻撃し「ショボイ」自分を補完するのです。:::::::」
  
  この脳内エコー・チェンバーという言葉は小生は初めて聞く言葉なので、さっそくgoogleやチャットに聞いてみた。この言葉は社会学では今や常識的な言葉になっているのか、いろいろな説明がなされているのだが、簡略すると以下のとおりである。

::::::::エコー・チェンバー現象(エコー・チェンバーげんしょう/反響室現象、英: echo chamber)とは、自分と似た意見や思想を持った人々が集まる場(電子掲示板やSNSなど)にて、自分の意見や思想が肯定されることで、それらが正解であるかのごとく勘違いする、又は価値観の似た者同士で交流・共感し合うことにより、特定の意見や思想が増幅する現象。閉鎖空間で似た者同士で意見をSNSで発信すると自分と似た意見が返ってきて増幅していく状況を、閉じた小部屋で音が反響する物理現象から例えたものである。
また、「エコー・チェンバー」という比喩表現は、インターネット時代となる以前の1990年にデビッド・ショー(英語版)が記事の中で用いたとされる。インターネット時代におけるエコー・チェンバー現象に関しては、2001年にはキャス・サンスティーンが、著書『インターネットは民主主義の敵か Republic.com』で言及していたが、この表現の普及が特に進んだのは、2016年アメリカ合衆国大統領選挙が契機であった。::::::::::

  というわけで、このエコー・チェンバーという言葉自体は宮台真司氏の発明ではないようだ。しかし彼が「脳内エコー・チェンバー」と「脳内」という言葉を付加したことは、我々素人にはわかりやすい試みだと思う。

  問題は「脳内エコ―・チェンバー人類」が増殖する現状の危険な流れを、だれがどういう仕掛けで制御するか、であろう。マスコミ人や人文社会科学者の社会貢献が問われていると思う。

(森敏)
追記: 日本語で エコ―チェンバー と書くと、エコチェンバー(環境にやさしい部屋)みたいな意味に読み間違えそうなので、上記文中ではすべて エコー・チェンバー と中点を入れた。
2023-04-20 15:38 | カテゴリ:未分類
以下は開業医さんから小生に寄せられた、実に実に深刻な医療の現状報告です。
文京区でも散歩していると、ビルをレンタルしている個人医院がコロナ禍を境にして、つぶれているところや長く休診中のところがあるように見受けられる。医師が過労でくたばってしまっているのではないだろうか。
   
:::::
5歳の娘が先日、「医師になりたい」と将来の夢として幼稚園で書いていたようですが、もう医師もブルーワーカー以下に成り下がってしまい、医師の時代ではないので、やりたいことをさせて、しっかりと自分で税金が払える子になってもらいたいです。

医学部の偏差値はまだとてつもなく高いようですが、現状はそれにみあった労働条件、給料ではないと思います。国家と患者さんの奴隷として働き、勤務医も開業医も過労死レベルで勤務をさせられているのが現状です。

医師の働き方改革は果たしてうまくいくのでしょうか。主治医が無料で夜間かけつけるシステムは確かに異常ですが、この医師の自己犠牲のもと安い医療費でここまで来ていました。今後相当医療費をあげないと、夜間対応できる医師がいなくなり、夜間救急外来がつぶれて死人が増えるような気がしてなりません。それも厚労省の考えなのでしょうか。

しかし勤務医は働き方改革で守られますが、開業医は朝2時までレセプト業務をやったり夜間往診にいったりしても、すべて自業自得なので大変つらいところがあります。

経営者には労災などありませんので、自分の身は自分で守るしかありません。働きすぎないようにしたいですが、この安い医療費ではたくさん患者さんをみないと消費税、固定資産税、急騰する電気代、人件費、高額な医療器材が払えないのも事実です。

私もすっかり経営者になりました。(笑)今は薬剤師、薬局経営が一番楽でたなぼた式に儲かると思います。医師の診察代よりもシップ1袋処方してもらうほうが高いのですから。おかしな時代になりました。

:::::::


(森敏)

追記: この記事を書いた2日後のきょう【4月22日】の朝日新聞にこんな記事が載った。4月17日にすでにネットでは掲載されていたものらしい。このままだと勤務医の過労死が増えるだろう。日本は医療崩壊の深刻な事態に追い込まれている。大学病院では若い医師たちが速足で廊下を走っている姿を見ることがある。このままでは医師の未来は決して明るくない。

大学病院の医師3割、残業960時間超の見込み 研究の時間不足
 2024年度から始まる医師の働き方改革を前に、全国医学部長病院長会議は18日、全国の81大学病院の医師の勤務実態に関する調査結果を公表した。医師の3割に「過労死ライン」を超える時間外労働が見込まれることが判明。同会議は労働時間を短縮するための待遇改善や人材確保、業務の移管・削減が必要だと訴えている。
 文部科学省の委託事業として昨年、全国の81大学病院にアンケートを行った。
 医師の働き方改革では、医師の休日・時間外労働は原則年960時間まで、地域医療に貢献する病院などは特例として年1860時間までとする残業規制が24年度から始まる。
 アンケートでは、各大学病院に勤務実態の把握状況や、そのための対策などを聞いた。その結果、大学病院に勤務する医師の約3割にあたる最大約1万5千人について、24年度の時間外労働が年960時間を上回る見込みとなった。過労死ラインとされる「月80時間」を超える水準で、すべての大学病院が特例の適用を求める申請を予定しているという。
 医師の多くは、大学病院以外でも週数日勤務するなどして地域医療を担っている。一方、労働時間の実態把握は十分ではなく、長時間勤務が常態化していた。医師の睡眠時間が減ることなどで、医療事故が増える懸念もある。
 また、労働時間の短縮が教育・研究の質の低下や成果の減少などにつながる懸念も示された。大学病院の医師981人への調査では、研究の中心となる「助教」の医師の15%が、研究に割く時間が週0時間、約半数が1~5時間程度にとどまっていた。少ない人数で当直を回すため、診療の時間が多くなる一方、教育・研究にあてる時間が不足する状況になっている。
 同会議は、診療や研究をサポ…

FC2 Management