2015-05-04 18:34 | カテゴリ:未分類

           連休で遠出するのもお金と体力がいる。なので、これまでふらっと休館日に訪れたために、肩すかしを2度ばかり食らってきた新装の記念館を、きちんと開館日であることを電話でたしかめて、訪れた。ビーグルという文京区の循環バスに乗ればれば100円で30分でいける距離であった。これまでもあちこちで記念展示会なる物を見てきた記憶があるが、それらは昔の偉人伝にある資料をなぞるぐらいなもので、どれも似たり寄ったりであった。その上、小生は40年ばかりまえに日本土壌肥料学会のエクスカーションで津和野の外の生家を訪問し、西周(にし・あまね)など彼に影響を与えた津和野の人間関係も歩いて調べたことがある。(このころは学会は1週間にわたるエクスカーションを組んでずいぶんためになった。)

  

しかし今回の展示は、実に充実していた。はじめて見るものがいっぱいあった。の3男であった森 類氏が保管していた資料6千点を、類氏の御遺族が文京区に寄贈したのだそうである。今回展示されていたのはそのうちの300点ぐらいであろうか。いずれも小生にとってはなぜだか自分でも分からないが、興味津々の資料であった。小生はiPadで青空文庫からの著作や雑文をダウンロードして読んでいたので、展示物の一つ一つの位置付けが非常によく理解された。

   

小生には、と年齢が数歳下の夏目漱石の両人が、後年文壇で功成り遂げて有名になって本郷界隈(今の文京区あたり)に住むようになっても、あまり両者の直接の対面の交流がなかったのは何故だろうか、という疑問をずっと持ち続けていた。生涯で両者は4回だけしか遭遇していないということである。多くは正岡子規が介在していたとのことである。この点に関しては、時系列を追った展示の説明によれば、両者は自らの新著作が出版されるたびに贈呈しあっていた、とある。だから、お互いに自らの新作に対する評価を気にしていたことは確かであると思われる。しかし世間に対してはあからさまには互いの感想を述べてはいないようである。この点に関して、展示物を詳しく見ていて、実に驚いたことに、「倫敦塔」「幻影の盾」「趣味の遺伝」「坊っちゃん」「野分」などを長男の於菟に読ませるために、外はわざわざそれらが連載されていた本をほぐしてその部分だけを集めて手製の製本にしていたという。その実物が展示されていた。これが本当ならば、は漱石を密かに非常に尊敬していたものと思われる。の隠れた側面を見たような気がしてなぜか胸にすとんと落ちる物があった。

    

見学は全く飽きなかったのだが、展示物はほとんどがガラス越しで、近眼鏡で近くの平置きの展示物を、老眼鏡で壁に掛けた絵写真や文字を、交互にメガネをかけ変えながらの中腰の姿勢を繰り返していたので、足先と腰が痛くなってきた。なので、1時間半集中して見たのだが、さすがに途中で集中力がとぎれて詳しく見ることをギブアップしてしまった。令(とし)には勝てない。
  
  一階の喫茶室でコーヒーと和菓子をいただいて一服して退館した。展示資料が入れ替わったら、是非又出かけたいと思う。洋風ケーキがなかったので次回来るときにはぜひドイツ風の分厚いケーキを提供してもらいたいと思った。完全に暇になったら森 鷗外記念館の「会員」になって、喫茶室のこのケーキにつられて2階の図書室にある森鷗外全集その他を読みに何回も訪れることになるかも知れない。

  

(森敏)


追記:鷗外と漱石に関しては、昔以下の一文を書いたことがあります。


なりたくない自分になるな

2015-04-29 10:34 | カテゴリ:未分類
以下書いているうちについつい論文調になってしまいました。



表1.「世界の原子力発電開発の動向 2015年版」(原子力産業協会刊)。ホームページから転載
 

 
 gensi.jpg


 


  gensi.jpg

経産省試算。原発のコスト優位性再確認 1キロワット時当たり10.1円

経済産業省は27日、電源別の経済性を計る発電コストについて新たな検証結果を明らかにし、原子力が2030年時点で1キロワット時当たり10.1円とすべての電源で最も低くなった。火力や再生可能エネルギーと比べたコスト面での優位性が改めて裏付けられた形だ。政府が試算を発表するのは11年12月以来。28日に政府案を示す30年時点の電源構成比に反映するため、再計算を進めていた。

 原子力は東日本大震災後に取り組んだ安全対策を追加コストで乗せたものの、安全対策で将来的に事故が起きるリスクが下がり、賠償などの想定費用が低下することも考慮。発電コストは前回試算(8.9円)から1.2円増加した。

 再生エネでは急速に普及が進む太陽光(メガソーラー)を前回試算(12.1~26.4円)から12.7~15.5円に変更した。太陽光パネルなどの価格低下を織り込んだ。

 一方、二酸化炭素(CO2)を排出する火力発電は、排出権の取引価格や燃料価格の変動を踏まえ、液化天然ガス(LNG)火力が2.5円増の13.4円、石炭火力が2.6円増の12.9円と前回試算より引き上げた。
   

以上は資料である。さて、ここからが本論である。

上掲の表1はいろんなことを考えさせてくれる重要な基本データであると思う。このそれぞれの国のデータを、その国の国土面積や、人口や、その他の数値で割り算してみると、何か新しいことが見えてくるのではないだろうか。

 

表1によると明らかに欧米諸国は原発建設を停止や廃炉の方向にあるが、中国・インドなど人口増大国は建設ラッシュである。核廃棄物処理や事故後の膨大な住民対策や廃炉処理費用など後世代に回された電力コストを計算に入れていないで、原発事故は起こらない、起こっても人の命や環境汚染など大したコストではないと考えているのかもしれない。石炭排気ガスに苦しむこれらの国では建前上は地球温暖化に原発は優しいエネルギー源であるというふれこみである。

 

上に掲載した産経新聞の記事のように、日本でも経済産業省は事故対策費用を含めて原発の電力コストを冷静に(?)計算し始めた。計算の詳細な根拠がよくわからないが、ほかのもろもろの新聞報道では、日本での原発大事故の発生頻度を野田政権の時は40年に一度と考えていたが、安倍政権では80年に一度と考える(これを裏返せば、原発事故は100%おこりうるということを認めているということである)。その「期間延長」の理由は「日本では原子力規制員会による新規制基準が以前よりも厳しくなったので、格段に原発の安全性が高まった。従って原発事故発生の確率が下がったため」と述べている。なんとも表現のしようがないどんぶり勘定ではある。

 

そこで、この経産省による80年に一度原発大事故が起こるという仮定を採用して(つまり表1の日本では48基が稼働中と考えて)、世界での原発事故の発生頻度を計算すると(表1の一番下の欄に書かれている世界では431基が稼働中と考える)、

48基:431基=1/80:1/X

X=8.9

すなわち、世界では約8.9年に一度世界のどこかで原発大事故が起こるということになるだろう。これが表1の下の欄のように数年から10数後には世界の新原発が将来計画通りに建設されて607基が全部稼働することになると、単純計算でその後は約6.3年ごとに一度は世界のどこかで原発大事故が起こるということになる。 どうせ経産省による原発事故の発生頻度などどんぶりの仮定だから、これぐらいの大まかな外挿計算は許されるだろう。

 

 そのうえ、原発もドローンの様な航空機テロや、意図を持ったドイツ航空機事故のパイロット場合のように、原発の場合もオペレーターによる意図的なヒューマンエラー(誤操作)などが起こりうるだろう。こんなことなどは、日本の原子力規制委員会は全く考慮していないだろうから、実際の原発事故の発生確率はもっと高いかもしれない。スリーマイル原発事故もチェリノブイリ原発事故も本当は天災ではなくオペレーターによるヒューマンエラーによるものであったことを忘れてはならない。日本では天災ばかりが原発事故の要因として喧しいのであるが。
  
      このように、表1は今後もいろんな議論のたたき台になる重要なデータである。
           
(森敏)
追記:以下の産経の記事には田中委員長が原発上空の警備強化を文書で原発業者に要請したとあった。田中委員長の感度はいいのだが、業者に要請さえすれば規制委の役割を果たしたということにはならないだろう。審査基準として法制化しなければ全く意味がない。立法府による法文としての罰則規定がない「要請」は何の意味ももたないだろう(2015.5.1.)
      
   

原発上空の警備強化、規制委が要請 (2015.4.28.産経ニュース)

原子力規制委員会の田中俊一委員長は28日の定例記者会見で、首相官邸屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件を受け、原発を持つ原子力事業者などに対し、原発上空の警備強化を要請したことを明らかにした。

 規制委によると、対象は原発のほか、使用済み核燃料再処理工場など核燃料サイクル関連施設や研究用原子炉など。官邸屋上でドローンが見つかった翌日の23日、文書で求めた。

 威力業務妨害容疑で逮捕された山本泰雄容疑者(40)のブログによると、昨年10月、「偵察」と称して九州電力川内原発(鹿児島県)を訪れ、ドローンを飛ばして撮影を試みていた。

 規制委事務局の原子力規制庁の担当者は「今回の事件で、類似のものが原発に飛来する事態が現実味を帯びてきた。警備員が巡回する時間帯など情報の断片を集め、悪用される恐れもある」と警備強化の必要性を説明した。


2015-04-24 21:26 | カテゴリ:未分類

以下少しかたぐるしいですが、最後までお読みいただければありがたいです。
 

  下の図1は20124月の、長泥の展望台(空間線量 毎時10マイクロシーベルト)の後方の崖に生えてきた10個ばかりのフキノトウを採取したものの2つのサンプルのオートラジオグラフである。フキノトウの採取は、落ち葉などの中からにょっきり出てきた地上部数センチの物を切り取るので、そのときに決して落ち葉や土壌による2次汚染をさせないことが肝要である。フキは90%以上水分を含んでいるので、姿かたちが壊れないようにオートラジオグラフ用に乾燥するためには、新聞紙を毎日取り換えて脱水する必要があった。結果は全身が内部被ばくしており、とくに先端の活発に成長している花蕾の部分が強い。丁寧に採取したつもりだが左のフキノトウはかなり各所が外部被曝していることがわかる。こまかい点々の部分がそれである。すでに、風雨による斜面の上の森林からの二次汚染が起こっていたものと思われる。
  
--.jpg

 図1.フキノトウのオートラジオグラフ。濃い点々は外部被ばく。右上の写真は、押し葉の原図。黄色い小さい文字は撮像用にセットした日付けです。
      

  また、これらとは異なるサンプルであるが4つをゲルマニウム半導体検出器で放射能の絶対値を測定した(表1)。ここでは乾物重あたりの放射能(:Bq/kg乾物重)で表しているが、生体重あたりだとほぼこの10分の一の値になる。4つはほぼ同じところから採取したのであるがNo.4はほかの3つに比べて異常に高い値であった。これは図1の左の汚染像で見るような、外部被曝によるものではないかと考えられる。
 
Bq---- 
 表1.図1のフキノトウの10センチ近傍でサンプリングした4つのフキノトウの放射能値と移行係数。

  

  以下の記事には湿地と乾燥地のフキノトウの放射能データが報道されている。乾燥地よりも湿地の値が高いのは雪解けによる濃度の高まったものを毎年一気に直接吸収するからであろうという見解は、斬新だと思う。
  
      我々の「放射線像 放射能を可視化する」(皓星社刊)の中にも示したが、飯舘村の「あいの沢」の湖畔のコゴメウツギの実生(78-79ページ)は全身均一に強く内部被爆している。雨が降ると湖水に浸かって新鮮な放射性セシウムを根や樹体から吸収するからであると考えられる。普通は陸に生える木の実生は根基部が強く汚染しても地上部へは放射能が移行しにくくなる。乾燥地土壌のセシウムは急速に固着に向かって、植物には吸収され難くなっていくからである。
 
  結論として、つまり沼沢に群生してくる新鮮なフキノトウは食べないほうがよい、ということである。

 
    

湿地のフキノトウが高濃度汚染か 杉浦准教授が調査

 じめじめした湿地状の場所から採取されたフキノトウが、高濃度の放射性セシウムに汚染されている可能性が高いことが30日、福島学院大短期大学部の杉浦広幸准教授の調査で分かった。
 杉浦准教授によると、伊達市保原町富沢地区の伊達花見山公園駐車場脇の場所では、1キロ当たり約960ベクレルを検出、基準値の1キロ当たり100ベクレルの約10倍の値に達した。一方、10メートルも離れていない乾燥地では、基準値以下の1キロ当たり約49ベクレルの濃度だった。このほか、福島市茂庭の「もにわ広瀬公園」などでも調査、湿地は乾燥地より、3倍程度高い値になったという。
 「年間を通じて乾燥しない場所(湿地状態)での植物は、放射性セシウムを吸収しやすい」との仮説を立て、前年度から調査していた。杉浦准教授によると、湿地状の場所では、放射性物質の自然減衰に逆行するように、前年度よりも高い数値を検出しているという。「湿地状の場所は、雪解けも早くセシウムなどが集まりやすいのではないか」と分析している。
(2015年3月31日 福島民友ニュース)

  

(森敏)
2015-04-20 21:26 | カテゴリ:未分類

  以下に示すのは2014年11月に採取した福島県浪江町の道路わきの背の高さが30センチ弱のヨモギ(図1)とそのオートラジオグラフ(図2、図3)である。土壌表層の放射線量は毎時15マイクロシーベルトを示した。

  実際のところ現地に生えている植物を根を切らずにまるごと採取するのはなかなか難しい。土壌が強度に放射能汚染しているので、植物を採取するときに、土壌で植物体を再汚染させないように掘り取らねばならないからである。

  秋枯れし始めたヨモギを10本ばかり丁寧にスコップで周りから深くすくいとるように掘るのに挑戦したが、ことごとく細根を破損した。しかしその中でも、いくつかの根の先端を無傷で採取できた株があったので、土を丁寧に振るい落としてオートラジオグラフをとってみた。

  ヨモギが生えている根の基部2-3ミリの深さの土壌にしか放射性セシウムは存在していないので、その土壌と接触している根の部位から吸収した放射性性セシウムが、地上部へばかりでなく、根の先端方向にも積極的に移行しているのかどうかを、きちんとオートラジオグラフで可視化して確かめたかったのである。
 
  結果は図3の拡大図に示すように予想通り2本の根の先端が相対的に濃く映っていた。放射能汚染土壌部位と接触する根基部から吸収されたセシウムが、確かに地上部の葉(図2)ばかりでなく、根の先端(図3)にも移行していたのである。セシウムはカリウムと同様に根の先端細胞分裂組織に積極的に取り込まれているのである。
 
  研究者は、こんな一見つまらない些細なことにも興味を覚える人種なのである。


 
   


DSC07389--.jpg 
図1. 現地で根から掘り出したヨモギ
 

yamie yomogi konntan_JPG--  
図2.上記ヨモギのオートラジオグラフ. 根の基部の強く黒く感光している部位は、付着した汚染土壌が取り切れていないためである。地上部の葉の黒点は外部被ばくで、道路わきなので車などによる汚染土壌の舞い上がりによるものと思われる。




yamie yomogi konntan_JPG------

図3.上記オートグラフの根の先端部分を拡大したもの。先端が強く標識されている。
 
 
(森敏)
2015-04-15 09:06 | カテゴリ:未分類
メッセージ&フォトブック
『NoNukes ヒロシマ ナガサキ フクシマ』
定価1500円(税別) 講談社
4月17日頃発売 

 カバーオビあり---- 



 
 



 
付記:すでに周知かと思いますが、この本の表紙の強く放射能汚染された手袋のオートラジオグラフ像は加賀谷雅道カメラマンの撮像によるものです。小生も一文書いております(森敏 記)

追記1:この本は本日の朝日新聞で紹介されました(2015.4.17.森敏 記)

追記2:この本の読者には、ぜひ我々の「放射線像 放射能を可視化する」(皓星社 2015年3月10日初版)も併せてお読みいただければ幸甚です。現在重版されました(森敏 4月21日 記)