FC2ブログ
2018-12-13 10:19 | カテゴリ:未分類

  確か5年前の20137月ごろから、飯館村の長泥地区には、ゲートが設けられて、関係者以外は入れなくなった。当時それを知らずに小生たちは比曽地区からゲートの直前まで行って、追い返されてU-ターンすることになった。
 
  少し癪に障ったので、ゲート付近の外側の植生の外部被ばく放射能がどれだけ高いのかを確かめるために、ゲートの手前200メートルぐらいの道脇の植物を採取してみた。このつる性の植物は、そこいらの植生に絡みついていたのをはぎ取ってきたものである。当時そこの空間線量は10マイクロシーベルトを超えていた。
   
  この植物のオートラジオグラフは早くから撮像していたのだが、植物名が長らく同定できていなかった。今回若林芳樹さん(株:アスコット)からお知らせ頂いて、ボタンズルということが分かった。


図1.草に絡まっていたボタンズル 
スライド1 
   あちこちの太い黒点と微細な黒点など、外部汚染が認められる。導管と師管が入り組んでいるツルの分岐部などは内部被ばくである(表1)。つぼみにみえる葉芽が全部薄く写っているがこれは全部内部被ばくである(図2)。
 
図2.図1のボタンズルのオートラジオグラフ
スライド2
  つまり、原発は2011年早春に爆発したのだが、2014年春の時点でも、まだこの植物が絡まる放射能汚染草や木からの間接的な放射能二次汚染が続いていたということである。右下の2枚の葉のちいさな点々など、総じて葉の放射能がけた違いに高いことがわかる。(表1
    
 表1.ボタンズルの放射能
ボタンズルjpeg
  
  

     
(森敏)

2018-12-07 11:33 | カテゴリ:未分類

上野の国立博物館の東洋館の一室で中国の斉白石という画家の展示会が開催されている。ありがたいことに70歳以上は無料である。途中から作品の入れ替えがあるということなので期間をおいて2回見学した。掛け軸では、花・木・野菜や池に住む水中生物の実に闊達な農村風景画があった。日本で有名な仙厓和尚の漫画的なユーモラスな筆の人物のタッチの作品がいくつかあった。それでそういう絵ばかり描くのかなと思って順路に沿ってみていったら、ガラス箱の展示に何種類かの昆虫の細密画があった。小生がいつも気にしているジョロウグモも描かれていたので興味を持って覗き込んだ。

   

小さな昆虫のいずれも実物大!での超細密描写なので超絶技巧だ。いったいどんな筆と墨で、こんな細密画が書けるのか想像を絶する。昆虫は全部日本でもおなじみの農村の生き物たちだ。それを原寸大に(!)実に精密に描いている。赤トンボの翅やセミの翅の骨組みなど驚異的な透明感だ。日本人にも白米にお経を百文字書く人物もいるということだから、何も珍しいことではないのかもしれないが、小生には実に珍しくてまざまざと見入ってしまった。

  

写真を撮ってもよさそうだったので、ショーケースのガラスにカメラをくっつけて数倍に拡大鑑賞しながら一つずつ部分拡大写真を撮っていたら、係員が来て、ガラスにカメラを置かないでください、と注意された。

 

帰りに1階の出口の土産物店を子細に眺めていたら、なんと斉白石の細密画だけを集めたB4版ぐらいの大きさのハードカバーの写真集がビニールで厳封されて販売されていた。だから中身が見られなかったのだが、超細密画を特別にとらえる鑑賞眼もあるのだなと、なんとなく納得した。

  

以下に示すのは小生が撮影した斉白石の昆虫の超細密画の画像です。著作権侵害にはならないでしょう。

     

斉白石は1864年(明治維新前!)に生まれて、1957年に死亡している。その間1930年に中国では内戦が始まり19494月に中国共産党が樹立している。斉白石は毛沢東や周恩来に高く評価されていたらしいが、幸いなことに約10年続いて1976年に終了した文化大革命の文化芸術に対する中国全土的な紅衛兵による破壊活動を経験していない。真にハッピーだったなあ、と思ったことである。93年も生きているので膨大な作品があるはずだけれど、それが全部無事に文化大革命を経過して破壊や廃棄されずに保存されているとはとても思えないのだが。
     

南画なぞとはちょっと異なった、強くは自己主張しない中国を感じた。

    
 
  スライド1 
 晩年の斉白石

   

   
 スライド6 
  

 スライド7 
 
スライド8 
  
スライド9 
     

スライド10 
     
 
 スライド11


     
スライド12 


     
 
スライド13 

    
 
 
スライド14 


     
 
スライド16  


      
 
スライド17 
 
  
スライド3 
  
 
スライド4 
 
 
スライド5 
 
 
スライド15 
 

 
     
     
      
(森敏)
2018-12-03 14:34 | カテゴリ:未分類

中国人留学生スパイの実態=元中国外交官

201843

シェア
駐シドニー中国領事館元外交官・陳用林氏よれば、中国の在外公館(大使館・領事館)は、中国人留学生を操りスパイ活動を行わせ、海外の反体制派活動家を監視し、妨害活動を行っている。

2007
6月、大紀元の取材に応じた陳氏は、各国の大使館は、スパイ活動に従事する中国人留学生のすべての必要経費を援助していることを明らかにした。陳氏は20055月、家族と亡命を申請し、オーストラリア政府より保護ビザを得た。

中国の在外公館の留学生および留学生団体を操る手法について、陳氏は次のように詳しく説明した。

(1)
留学生が行う各活動にかかる経費を援助する
(2)
留学生が帰国し就職したい場合、本人が海外留学時、海外にいるときも祖国を愛し、共産党を愛する者であることを証明する在外公館の推薦書を与える
(3)
中国教育部は中国人留学生奨学金を開設し、在外公館の指示で動く中国人留学生の活動費用を与えている
(4)
国内の各種公演グループの海外公演を行うときに、招待券を配布し、またはその祝宴パーティーなどに招待する

情報筋によると、在外中国大使館には、各国にいる中国人留学生親睦会のリーダーをスパイ工作に就かせる専門の担当者がおり、学生によるスパイ工作を画策しているという。いっぽう、経費の援助項目についてはさまざまだが、表向きに公開した活動経費もあれば、学生個人の口座に直接入金することもあるという。また、卒業後、それぞれ滞在する国の主要な学術機関に就職する機会を与えることもある。

さらに、中国はここ10年間、米国の多くの大学に対して、膨大な「研究費」を提供しているが、これらの研究プロジェクトに「スパイ」を配置しているという。こうしたスパイは、上述した留学生親睦会の主席リストから選ばれた者であるという。

陳氏は、米国本部の中国語衛星テレビチャンネル「新唐人テレビ」主催の舞踊コンクール「世界中国舞踊大会」を、留学生が妨害した例をあげた。同大会はニューヨーク大学(NYU)を会場とする予定だが、同大学の中国人留学生や学者の親睦会「ニューヨーク大学中国人文化クラブ」がこのほど、同大会開催反対の声明を出した。

「声明を出した同クラブは、実質上、駐ニューヨーク中国総領事館教育部が支援して設立した団体。教育部の主な仕事は、海外の中国人留学生を監視し、中共政権にとって不利益である団体および人物をかく乱させ、中共側に協力させること。言い換えれば、中共機関の海外拠点である」と指摘した。

陳氏によると、同様の親睦会は、豪州および世界各地の大学に存在しており、海外の民主運動活動家や法輪功およびその他の中共政権に批判的な、反体制派の人物などの大学での活動を監視し、入手した情報をいち早く、駐海外中共領事館・大使館へ報告することだという。

同氏はまた、中国大使館は、反体制派の活動に留学生を出席させ、収集した資料および情報を報告書として提出させるという作業の流れを明らかにした。

(大紀元編集部)

  

       

以上は10年前の中国の外交官の話の記事である。小生の東大在籍時代の感想が、「やはりそうだったんだ」と、この文章を読んで、かなり納得がいった。爾来中国共産党政権が変わっているわけではないので、今でも中国政府の留学生に対する基本方針は大きくは変わっていないと思われる。

   

ネットで調べると、東京大学には、平成29年現在にはなんと2077(全留学生の52%)もの中国人留学生がいる。彼らは、楽しそうで日本での学園生活を謳歌しているように見える。

 

1960年代は日中国交回復がまだなかったので、東大には台湾やタイやインドネシアや韓国人の留学生が多かった。その中でも独裁政権下の台湾や韓国の留学生は、小生があえて挑発してみると、政治に関してはものすごくピリピリして寡黙であった。それは国費留学生仲間が相互に思想を監視しあっているので、反体制的な発言や行動をすると、密告されて、下手をすると強制送還されるからだということであった。当時の蒋介石総統の台湾では、台湾独立派と認定されて強制送還されると、到着した飛行場から連れ去られて即絞首刑されるといううわさが飛び交っていた。だから優秀な学生は日本を経由してアメリカに留学していった。その後政権が代わってから、米国からの留学生が帰還しはじめて台湾は急速に経済発展を遂げた。

 

1972年に日中国交が回復して、中国大陸から来日する中国人留学生も激増し東大でも例にもれず激増した。それでも初期のころの留学生は結構政治的な話には警戒心が強かった。江沢民による反日歴史教育教科書で学んだと思われる世代は特にそうだった。しかし、現在でも留学生たちは日中間の尖閣列島の話などは、極力避けたいようだ。
   
  中国からの留学生たちには、中国本土に比べるとはるかに言論の自由な日本で、いろいろの見聞を広めて、本国に帰っても批判的精神を忘れずに活躍してほしいものだと、本心から思う。

   

2018-11-26 15:22 | カテゴリ:未分類
 昨年の今頃、浪江町の林内の腐葉土から生えているモミジの実生を見つけたので、ていねいに抜くと細根を傷つけないで根ごとすっぽりと引き抜けた(図1)。
       
 根にがっしりと絡みつく枯葉をていねいに摘み取って、モミジのほかの組織部位などと比較のために放射性セシウム濃度を測定した。
       
 枯葉はモミジの葉の約20倍の濃度であった(表1)。
          
 根から取り切れていないで絡みついている枯葉の断片が、異常に強く感光していることがわかる(図2、図3)。
     
 モミジの実生はこのように落ち葉から直接可溶性セシウムを吸収しているものと思われる。

        

      


スライド2 
 
 
 
 
スライド3 

 図2。モミジの実生のオートラジオグラフ。根にこびりつく枯葉の破片が強く感光している。
 
 
 

 
スライド4

図3.図2のネガテイブ画像  
 




 
 
 表1. モミジの実生と枯れ落ち葉の放射能
スライド1   
 
    
   
   
 
 (森敏)

 
2018-11-21 22:14 | カテゴリ:未分類

 

      金足農業高校の吉田輝星投手が150Km/hを投げてハム球団に入団した。150km/hの球速があればまずプロ野球業界では使えるようだ。しかし高校野球のピッチャーで活躍した人物は、おおむねプロでの実績を残せていない。リトルリーグ時代から、さらに地方選から甲子園出場までの高校野球で単独で連戦連投して、潜在的に筋肉に疲労が蓄積し、肩や肘を痛めてしまうからであるようだ。

 

      ところで、いろいろなスポーツの中で、背丈の高低内でストライクまでの球速を競う競技は、野球ぐらいではないだろうか。遠くをめがけて重い物を投げるという、砲丸投げ、槍投げ、円盤投げ、などの技法でも、直球では遠くには飛ばせない。直球に使う肩の筋肉、腰の筋肉、手のひらや指の筋肉の使い方は、ほかの投げる動作とは大いに異なると思われる。

 

      その意味では、野球の投手は地球上の生物の中でも、極めて特殊な部位の筋肉を進化させるべくその先端を走っているということなのかもしれない。どんな遺伝子でも100万人にひとりは突然変異株があると我々生物学者は考えるものなので、連投で肘の故障のトミー・ジョン手術: Tommy John Surgery, 側副靱帯再建術)を受けなくても、プロ野球で一定以上の業績を上げる投手は、その代表的な変異株といえるだろう。

 

      オリンピックでのいろいろな競技でも、残念ながら人の世界新記録は、大体いずれかの野生動物の能力には、はるかに劣るものが多い。それぞれの生き物は必死にニッチ(niche:生態的地位)を求めて、数億年をかけて身体的に特殊な進化を遂げて適応してきた種が生き残っているからである。

 

      人類が狩猟生活をするときでも、モノを遠くに投げる筋肉の発達は必要であっただろうが、

ほぼ地面と平行に18.44m(ピッチャーとキャッチャーの距離)を素手で直球を投げるという技術は、さほど必要としなかたのではないか。その前に飛び道具としての弓矢の発達があっただろうから。

  
  

 

(森敏)