FC2ブログ
2020-09-29 07:42 | カテゴリ:未分類

以下はテレビで繰り返し放映されているトランプ大統領の国連演説7分間の内容の一部です。
    
:::::::
人類は見えない敵と激しい戦いをしている。中国ウイルスだ。私たちは188ケ国で、数えきれないほどの命を奪ってきた目に見えない敵「中国ウイルス」との戦いを繰り広げてきた。:::::明るい未来を追求するならば、この病気をもたらした中国に責任を負わせなければならない。中国だ!::::::中国がウイルスの脅威を知り、国内の行動を規制する一方、出国を規制せず、世界に感染が拡大した。国連は中国にその責任を取らせる必要がある。:::::WHOは「人から人への感染の証拠がない」と誤って宣言し、「症状がない人は感染させない」と偽った。:::::::::

  
 

  毎度繰り返すが、このWINEPブログでは、WHOが勝手に名付けた「COVID-19ウイルス」を、ずっと中共ウイルス(Chinese communist party virus)と呼んでいる。これが武漢ウイルス研究所から流出した人工物と考えているからである。トランプはこれをさらに概念を広げて当初から中国ウイルス(China virus)と呼んで、国連でもこの名を連呼している。
    
  上記のトランプの国連演説には一点の間違いもない。正確そのものである。
   
  一方で、ポンペイオ国務長官は、中国共産党と中国国民を区別して、「中国共産党を撲滅しよう」と米国内各所や世界各国で断固とした調子で宣告して回っている。一方で、トランプ大統領はこの間アメリカ人だけでも累計20万人、世界で累計100万人が殺されているウイルス問題を契機に、よほど腹に据えかねているのか、中国という国そのものを、完全に信用ができない国として『敵国』視しはじめている。在中国アメリカ大使を本国に召還したり、ニューヨークの中国領事館員をスパイ活動容疑で逮捕させたりさせた、フロリダの領事館を封鎖したりと、
米中が戦争の寸前にあるという認識だ。いわゆる「米・中デカップリング」だ。単なる大統領選挙のための挑発的言辞と考えるべきではない。

   
  習近平訪日を執拗に画策する親中派与党議員に取り囲まれている、いまだ外交が素人の菅首相の国際情勢の認識は大丈夫か?!
  
  日本の新政権の立ち位置を世界中が見守っているぜ。
           

(森敏)

      

付記:以下継続開催中です。ぜひお寄り下さい。
    
・ https://www.youtube.com/channel/UCoxOKSbRGkZSNR7no2-7U9g

・ https://www.ritsumeikan-wp-museum.jp/special/20200919-2/



2020-09-26 15:18 | カテゴリ:未分類

読者諸氏は、通販サイト「アマゾン」の「アマゾンプライム会員」に勝手に入会させられて、毎月500円を知らないうちに口座から引き落とされていませんか? 金額の過多の問題ではなく、これはアマゾンによる組織的な詐欺行為のように思われます。長くなりますが、ぜひお読みください。お役に立てるはずです。

       

最近長引く「中共コロナウイルス」への健康と安全の対策に、紫外線ランプや、口腔洗浄液や、室内懸垂器具などを通販「オアマゾン」で購入した。そうしたら、2か月前ぐらいから頻繁に以下のメールが来るようになった。

 
         

::::::::::::::::::::::::::::

森敏様

このメールはAmazonプライム会員の方で、プライム会員特典に含まれている動画配信サービスPrime Videoをまだご利用いただいていない方にお送りしています。プライム会員なら特典対象の映画・TV番組が、追加料金なしで見放題。お急ぎ便だけではないプライムの特典、Prime Videoをぜひお試しください。Amazonアカウントにサインインすれば、登録不要ですぐにお好きな作品をご覧いただけます。スマートフォン、タブレットはこちらから無料アプリをダウンロードできます。

::::::::::::::::::::::::::

 
    

実におかしいなと思っていた。「アマゾンプライム会員」なるものに入会を申し込んだ覚えは一切ない。腹が立ってきた。そこで以下は、最近のアマゾンとのやり取りです。

 
       

::::::::::::::::::::
  

アマゾン 日本社長 様

 

 最近気が付いたのですが、貴社は勝手に小生(森敏)をアマゾンプライム会員に指定して 小生のカード口座から毎月500円を勝手に引き落とすことを今年から始めたようですね。

 

731日と831日に引き落とされています。 これは詐欺ですね。

 

 小生がアマゾンのプライム会員に入会申し込みをしたメールか何かの証拠をこのメールあてに添付して送ってくれませんか?

 

直ちに小生のプライム会員の停止処理をしてください。

 

森敏

PS: こんなざこみたいなやつの言うことは無視しろ、と考えないでくださいね。 貴社のいろんなルートで、クレームを入れようとしたのですが、持ってまわられて、IDとか何とかぐちゃぐちゃ聞いてこられて、クレームの窓口にたどりつけませんでした。 なので、直接社長あてにメールした次第です。
  

::::::::::::

   
   

これに対して、以下はアマゾンアカウントサービスからの返事です。


     

:::::::::::::::::::::::::

 

Amazon.co.jpへお問い合わせいただき、ありがとうございます。

このたびは、当サイトのご利用に際し、ご連絡いただく結果となりましたことをお詫び申し上げます。

Amazon
プライムの会員登録のキャンセル処理をいたしました。

会員登録のキャンセル処理が完了しだい、月会費(2ヶ月分:1000円)をご返金いたします。

なお、返金のタイミングによっては、同月の請求金額分から返金金額を差し引いて引き落としがされる場合や、一度引き落とされた後、後日返金される場合などがございます。

返金処理の詳細やクレジットカードのご利用明細書に記載された返金金額にご不明な点がございましたら、恐れ入りますがクレジットカード会社にご確認をお願いいたします。

恐れ入りますが、今後のご参考までに、Amazonプライムは、年間プラン4,900円(税込)または月間プラン500(税込)で、迅速で便利な配送特典や、Prime VideoPrime MusicAmazon PhotosPrime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。詳しくは、以下のURLをクリックしてご覧ください。

https://amazon.co.jp/aboutprime?ref=blrb_hp

Amazon
プライムは大変ご好評いただいているサービスでございましたが、このたびは、Amazonプライムのご利用に際し、わかりづらい部分がございましたことを改めてお詫び申し上げます。

できるだけお客様にご満足頂けますようシステムやサービスの改善を進めておりますが現時点で全てのお客様にご満足頂けるまでに至っていない事を真摯に受け止めよりご満足いただけるサイトづくりに努めて参ります。

当サイトは24時間年中無休で対応しており、いつでも  サポートいたしますのでご不明な点がございましたらいつでもご相談ください。

Amazon.co.jp
のまたのご利用を心よりお待ちしております。


Amazon.co.jp
カスタマーサービス 佐藤

ご利用ありがとうございました。


Amazon.co.jp

 

::::::::::::
 
  

(森敏)
 

追記1:この毎月500円のカード口座からの不明の引き落としを発見してくれたのは、女房です。
 

追記2:アマゾンが、きちんと処置をしてくれたのかと思ったら、926日現在でも、前記のプライム会員特典のメール なるものが、またまた小生あてに届いた。アマゾンは企業内部の情報管理統制が緩んでいることが明らかである。危険な企業だ。これから注文をしないことにする。

    

追記3:924日の朝日新聞の投書欄である「声」欄にも、

通販アカウント乗っ取られた!? 

というアマゾン不正関連記事が載っていた。一事が万事だろう。

2020-09-24 22:20 | カテゴリ:未分類
COVID-19のせいで、本年2020年4月に開催される予定であった企画が遅れてしまいましたが、「立命館大学国際平和ミュージアム」で、以下の特別展が開催されるという連絡が企画者(キュレーター)から来ました。政府による Go To キャンペーンで京都観光の際は、立命館大学にも足をお運びいただき、われわれの「放射線像」をご鑑賞いただければ幸いです。(森敏・加賀谷雅道)
 

ーーーーーーーーーーーーーーー
立命館大学国際平和ミュージアム2020年度特別展

特別展「放射線像ーAutoradiograph-」(9月28日~11月7日)
とその関連企画として、
映像作家加賀谷雅道氏と安斎育郎氏によるオンライントークも開催。

加賀谷雅道氏オンライントーク「放射線を可視化する方法とその意味について」は
放射線像プロジェクトによる採集から放射線像が出来上がるまでの制作の様子や、本展出品作品に関してお話しします。
日時:9月26日(土)10:30~11:30
アクセス:ZOOMにて開催
リンクは25日16:00以降、国際平和ミュージアムHP上にて公開
    
https://www.ritsumeikan-wp-museum.jp/special/20200919-2/

     
この展示企画は京都で毎年開かれている
 KYOTOGRAPHIE international photography festival 2020(KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭)の一環として開かれるものです。

後援:京都府、京都市、京都府教育委員会、京都市教育委員会、京都市内博物館施設連絡協議会、KBS京都、朝日新聞社、京都新聞、 毎日新聞京都支局、読売新聞社、NHK京都放送局
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020-09-21 20:13 | カテゴリ:未分類

  u-tube で 「放射線像 放射能を可視化した」 の対談を始めました。

  以下のホームページです。すでに数回掲載しております。

    
https://www.youtube.com/channel/UCoxOKSbRGkZSNR7no2-7U9g

   
(googleで「放射線像 u-tube」と検索していただければ出てきます。)


    
  近年、若い人からご高齢者まで、圧倒的に活字離れが加速しています。
   
  我々の2015年に出版した「放射線像」(森敏・加賀谷雅道著 晧星社刊)の販売部数も伸び悩んでいるようです。
    
  そこで、u-tubeで 2011年福島第一原発事故以来、撮像し続けてきた「放射線像」を動画で対談形式で解説しながら発信することにいたしました。
    
  毎週2回更新する予定です。来年2021年3月11日(震災10周年記念日)まで続けるつもりです。
      
    
  ぜひご笑覧ください。

    
(森敏)

近近に、「放射線像 放射能を可視化した」という冊子体の本と、その本では表現できない立体画像動画などを掲載したweb出版 と抱き合わせにした 「dual出版」書籍を発売する予定です。これは世界でも全く新しい出版企画になるはずです。乞うご期待。
2020-09-16 09:16 | カテゴリ:未分類

 マスク不要に? 仏大学「感染防ぐ物質開発」

2020/09/12 07:15 テレ朝ニュース

  

マスクをつけなくても鼻にスプレーをしたり、のど飴にして服用すると新型コロナウイルスの感染を防ぐことができるとする物質をフランスの大学が開発しました。

 ソルボンヌ大学のカロヤン教授らのチームは、新型コロナウイルスが肺の細胞に感染するのを一時的に防ぐ物質を開発したと発表しました。この物質は細胞の受容体と呼ばれる部分に似たアミノ酸で、数時間、ウイルスが付着するのを防ぐ効果があるとしています。現在、鼻へのスプレーとして研究を進めていて、早ければ10カ月ほどで製品化できる見通しだということです。カロヤン教授はマスクをつけずに感染予防できる生活が送れると話しています。

 

 

 

 

というニュースが流れた。いやーいろいろ考える人がいるもんですね。

 

中共コロナの受容体(リセプター)ACE2と呼ばれるアンジオテンシン転換酵素という血圧降下を支配するタンパクです。これの構成アミノ酸配列の一部に中共コロナウイルスのSparkタンパクが付着することが、感染の出発点と考えられています。

   

ですから感染を予防するためには、まずこの両者を付着をさせない必要があります。そのためには理論的に考えて、この付着部分と考えられているいくつかのアミノ酸配列が連なる短いペプチドを有機合成して(あるいは微生物に作らせて)、それを鼻からの吸引剤と混ぜて鼻粘膜に吸着させて、中共コロナに対して拮抗阻害させるか、キャラメルやガムと混ぜて口腔粘膜にコーテイングさせるかして拮抗阻害して、ごく一時的に感染を予防する、という戦略らしいですね。これは非常に単純で分かりやすい予防法だと思われます。噴霧するかアメをなめているときは短期間だがマスクをしなくてよい、という理屈です。ヨーロッパ系の連中が嫌がるマスクをつけないための、噴霧材やキャラメルやガムは爆発的な売れ行きになるかもしれません。

 

小生は先に、「ニコチアナミン」という、いつも我々日本人が、大豆などマメ科食品や野菜から摂取している天然のアミノ酸が、中共コロナの受容体アンジオテンシン転換酵素の強力な阻害剤であるので、この詳細な作用機構は現在不明でも、このニコチアナミンが酵素と結合すると酵素の立体構造が変わるので、Sparkタンパクとの結合力がよわまるのではないかと、ずっと考えています。

  

どこかの民間会社が多少のリスクをかけてでもニコチアナミンを大量合成してくれませんかね。

 

實際の効果がどうなるかわからないワクチンの開発に、世界で何十兆円も国家が投資するのにくらべれば、ニコチアナミンの開発は、あまりにも安すぎる投資効率のよい「掛け」だと思いますよ。

 

たとえ、中共コロナウイルスに顕著に効果がないということになっても、ニコチアナミンは天然の血圧降下剤(大豆製品や、野菜を食べると血圧が下がる大きな理由)であることが証明されていますから、悪いことはなにもありません。血圧の高い人高齢者には一挙両得かもしれません。


   

(森敏)
付記1: 医者でもない素人がなにを言うか!!
と叱られそうですが、今の群雄割拠(世界で200社?)のワクチンの開発も十中八九の賭けみたいに小生には思えます。

付記2:ニコチアナミンに関しての我々の研究歴の一部は以下のぶろぐにも紹介しています。


   
http://www.plantphysiol.org/content/plantphysiol/119/2/471.full.pdf
 
    
 

付記2: 上記の、ソルボンヌ大学の未熟な先陣争いのようなアドバルーン研究が、日本でもマスコミ発表された。奈良県特産の「柿」にかこつけて、カキシブであるタンニンのタンパク凝集作用を、中共コロナタンパクの凝集無毒化に利用しようという考えらしい。
大学が自分で成果を発表しながらも、自分で可能性の足を引っ張っているところが、謙虚だね。明らかにまだまだ未熟な産学連携成果の発表を、大学中枢からのプレッシャーで、研究者が発表を急がされたものと思われる。
  
  
    
柿渋」がコロナ無害化と発表 奈良県立医科大学

[2020/09/16 06:15]

Video Player is loading.

 奈良県立医科大学は果物の渋柿から取れる「柿渋」が新型コロナウイルスを無害化させるという研究結果を発表しました。

 柿渋は、渋柿を絞って発酵・熟成させたもので、古くから塗料や染料などに使われてきました。奈良県立医科大学は、新型コロナウイルスと唾液を混ぜ、純度の高い柿渋を加えて10分間置いたところ、ウイルスが無害化したと発表しました。あめやラムネなどに柿渋を混ぜて口に含むことで、新型コロナの感染を予防できる可能性があるということです。


 奈良県立医科大学免疫学・伊藤利洋教授:「濃度、接触時間、エビデンスに基づいたことをしっかりと考えないといけない。『柿を食べたらいい』というわけでは決してない」
 今後は、製品化できる企業を募るとともに、人に効果があるか臨床研究も進める方針です。