2015-01-26 14:44 | カテゴリ:未分類

ジャーナリストの後藤健二氏が「紛争地域の貧しい人に<寄り添いたい>。 何が起こっても責任は私自身にあります」と言って、出かけて、「イスラム国」に拉致され命の危機にさらされている。(現時点ではこの言葉が彼の精神の深層を正しく反映しているかどうかは分からないのだが、「寄り添いたい」と言う言葉の例として取り上げてみた)。心底から救出されることを祈っている。

  

様々な過去の公害問題や近年でも地震、津波、原発事故などの避難者に対して、支援に関わる人たちから「被害者に寄り添いたい」という情緒的な言葉がよく使われてきた。

  

実際にいろいろな支援運動に参画してみればすぐに分かることだが、環境の激変により人生を根底から覆された人たちに、個人的にアカの他人が「寄り添うことは」かなりの困難を伴うことである。「寄り添い続けること」はさらに困難である。場合によっては寄り添った人の人生も激変させられることになるだろう。寄り添う本人が泥沼から抜け出られなくなり、迷走することになるばあいも多々ある。

  

いわゆる市民運動が最初は同情的な情熱で盛り上がっても、あまり長続きをしなくて、下火になるパターンを描くのは、運動のプロ(組織政党集団)でない限り、「寄り添う」支援者自身の生活が時間的にも資金的にも体力的にも永久には続くはずがないからである。

  

多くの有名ジャーナリストや写真家の場合は危険を冒して普通人が近づけない危険地域に入って紛争の実態を暴く、つまり誰も知らない「価値ある希少な情報」(プライオリテイー争いで機先を制する)を何らかの形でマスメデイアに売ることによって経済的基盤が確立しているので、ある意味では寄り添える様に見えるのである。この場合でもバックに政府資金や政党からの隠れた資金があれば安心して「寄り添える」だろう。

  

これに対して普通の市民は、よほどの持続する資金的な支援体制がないと、生真面目な人ほど自分自身が体力・時間・資金的にボランテイア活動でへとへとになるのがオチである。

   

だから最初から分をわきまえて、自分自身が経済的にも精神的にも体力的にも再生産可能な持続的な支援活動が出来る範囲で「寄り添う」ことが賢明な寄り添い方である。本気で被災者や被害者が「立ち直る」まで寄り添うつもりなら、支援者自身が政治のプロか、政策や技術者としてのプロとして寄り添わねばならないだろう。裁判などになると日本の場合は通常10年以上寄り添うことを覚悟しなければならない。

   

以上は、若いときに無意識に様々な「孤立した弱者支援」に15年以上「寄り添って」回り道をしてきた小生の研究者人生からの述懐です。
   
(森敏)
 


2015-01-26 14:25 | カテゴリ:未分類

本屋で「週刊金曜日」(1月16日号)があったので、立ち読みしてぱらぱらめくっていたら
 

「3.11」直後に空母レーガンで何が起きたか (ルポライター 成瀬宗男)

という記事があった。
 

 

2011年3月11日以降、当時東北の津波被災地の救援「トモダチ作戦」に動員されたアメリカの空母レーガン搭乗員5500名のうちの放射線障害による2名の癌死、と239名の原因不明の症状を持つ原告が東電に対して10億ドル(約1200億円)を要求した裁判をサンデイエゴ連邦地方裁判所に起こしていることを報じている。一人当約5億円の要求額である。東電福島第一原発がメルトダウンした2011年3月11~20日当時の空母レーガンの航跡が詳しくは述べられていないが、今では福島沖に居たので、原子炉暴発で排出された総放射能の半分以上が海域に流れたことがわかっているので、シミュレーションによれば海域に風向きがあった時に「空母レーガン」が放射性プルームで被爆したのは確実であるということである。防護服を着ないで甲板をモップで除染している搭乗員の写真が載っている。
 

 

小生は以上のことを不勉強で全く知らなかったが、そういうこともあったのだ。この裁判が進行すれば「トモダチ作戦」というアメリカ軍の善意の印象を打ち消すような事態になるので、アメリカ国防総省は関係者の健康状態の継続調査を中止した、のだそうである。遅発性放射能障害を隠ぺいするためだとか。。。
 
 
 
  「空母レーガン」は「空母ジョージワシントン」に代わって今夏横須賀に配備されるということです。

 
  
(森敏)
追記1. このブログを書いたあと非常に気になった原告団の症状を詳しく紹介したいと思い、この週刊金曜日を買いに行ったら、最後の一冊があった。以下このレポートからの無断転載です。症例です。

原告が訴えている症状の例
A頭痛、全身疲労、足にこぶ状の腫物
B極度の吐き気、胆のう摘出、胃潰瘍
C記憶障害、全身の倦怠感、耳鳴り、直腸出血、足の痛み、不眠
D臀部・背中の痛み、記憶障害、耳鳴り、免疫障害
E頭痛、あごの腫瘍、全身けいれん
F甲状腺異常、白血病、うつ病、腹痛、体重減
G意識不明で卒倒し骨折、脳腫瘍、全身疲労、目まい、頭痛
H左目失明、右目も失明状態、急性白血病
I生理不順、子宮出血、偏頭痛
J甲状腺除去、精神的不安定、咳
K頭痛、足の2倍に及ぶ肥大、生理不順、精神的不安定
L甲状腺がん、関節炎、高血圧
M甲状腺異常、胃けいれん、生理不順、頻繁な嘔吐、下痢



この症例の記載を見ると、まさに原発由来の放射線障害は、初期障害の甲状腺がん以外は体のどこで何が起こるかわからないという多様な障害が出ており、「確率的影響」であることがわかります。日本では「避難によるストレスが主要な病気の症状」であるということばかりが、強調されていますが、多くの症例がすでに集積されているはずなので、疫学的にそれを枚挙して整理して開示できる時間が、経過していると思います。疫学者はいったい何をしているんでしょうね?
     
追記2. 過去のwinepブログを是非ご参照ください。
放射線の確率的影響について http://moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-1838.html

2015-01-22 13:43 | カテゴリ:未分類

   「大寒」が過ぎたのでもうすぐ春になる。そうするとつくしんぼうが生えてくる。以前にも下記のブログで述べたが、つくしんぼうはこのオートラジオグラフに示すように、袴に時々土塊を抱えている。その土塊はつくしんぼうが生えているその場所の一番表層の土壌由来である。そこは放射能汚染土壌を剥離除染していない限り2015年現在でも2011年に比べて60%の放射性セシウムを含んでいる。

 

野生の植物で除染していない土壌表層に近いものはどうしても土ホコリを浴びているので、すべてセシウム汚染している可能性が高い。汚染はかなりの年月続くだろう。繰り返すが、野生のキノコや野イチゴは食べない方が無難である。

 つくし-- 
つくしんぼう。上の右から3つ目は袴に放射性土塊を抱え込んでいる。もちろんすべてのつくしんぼう自体も内部被ばくしていることがわかる。


以下参照ください。
 

放射能汚染土筆(つくし)の放射能分布の全身像 http://moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-1080.html

  

 (森敏)


2015-01-16 14:19 | カテゴリ:未分類

ヤマユリは標高の高い飯舘村で夏から秋にかけて随所で見られるひときわ目立つ野生の植物である。

 

一般に大きな花の植物の花弁は薄くて水分が豊富なので非常に「押し花」にしにくい上に、押し花の最中に花弁がかならずバラバラになるので、オートラジオグラフをとることが極めて難しい対象であった。おおまつよいぐさ、水芭蕉、マムシ草、など花弁が大きい植物に関しては、何度も押し花に失敗した。

 

今回丁寧に「押し花」をして、長期の時間をかけて、IPプレートに感光したら、きれいなオートラジオグラフが撮れた。花粉が生産されている葯(やく)と、雌(め)しべの先端と花弁の導管に特異的に放射性セシウムが移行していることが分かる。花弁はばらけているが。この後の生育経過は葯の花粉が飛んで、めしべの頭頂部に付着して、花粉管がめしべの下方に伸びていって、卵子と受精して、やがて大きな莢をつける。その莢中には数えきれないばかり(数百)の種子が成長している。それが晩秋には莢がはじけて中の種子が飛び散り、翌年にそのほんの一部が発芽して成長するのでヤマユリの群生地が出来るのである。
  
yuri oshibe meshibe_2000px - 
 
 図1.ヤマユリの押し花のオートラジオグラフ。下図(図2)と対照してください。 



DSC06045-.jpg 
   
図2。図1のヤマユリの押し花の原図。バラバラになったのを再構成したので花弁が一部重なっている。雌しべが途中で折れている。
         

まだ花弁の放射能を測っていないが、2013年秋に飯舘でサンプリングした立ち枯れしたヤマユリの莢と種子をNaIスペクトロメーターで測ると以下の通りであった。セシウムは間違いなく次世代に移行しているわけである。
   

 

 

総放射性セシゥム

 

(Bq/kg)

 ユリの莢

2553

 ユリの種子

3293

        

(森敏)


2015-01-11 10:37 | カテゴリ:未分類

知人の某氏は最近は2日に一度は映画館に通う事だけが人生の楽しみという映画通である。もう50年以上も日本映画を繰り返し見続けているという。「高倉健の若いころは大根役者で観られたものではなかった。周りの名優に支えられていたんだ。よく今日まで成長したものだ」というのが彼の最近の感想であった。小生はなぜかあまり映画を積極的に見ない。だからこれまで高倉健の映画は1本も見たことが無い。第一若い時はそんなお金がなかった。高倉健の任侠物がはやっていたことはずっと後になって知ったぐらい、映画とは没交渉であった。1970年代は公害問題に熱中していたからだと思う。映画よりも現実のほうがはるかにリアルなのであった。それでも一時は無い金をはたいて「劇団民芸友の会」に入って新劇は見ていたがいたが、いつかやめてしまった。なんとなく観念的で「芝居臭い」俳優たちの演技に次第に嫌気がさしてきたのだろうと思う。今でもテレビの「マッサン」役がいつまでたってもオーバーアクションから抜け出られていないので、少し脱落しかけている。「エリー」役は自然でいい。

 

昨晩、時間ができたので『あなたへ』という高倉健主役の映画をテレビでみた。まず、2時間の間に計5回ぐらい入った常軌を逸する2-3分のコマーシャルが非常に不快で、ストーリーに没入できなかったのが非常に残念だった。亡くなった高倉健に対して実に失礼なことだと腹が立った。それだけ入れ込んで観ていたのだろう。

 

観終わった直後は強烈な印象というものがあまり感じられなかった。「高倉健もこんな程度のもんなんだ」という印象だった。あまりにも主人公(高倉健)の立ち居ふるまいが自然な流れなので、映画全体がドラマテイックに感じられなかったのだ。どの映画でもあるように、主人公が “激する” 場面が一度もなかったからなのかもしれない。しかし、ベッドに横になってから、次々と頭の中にピンポイント残像が浮かび上がってきて、なかなか眠れなかった。次第によくできた映画だという印象になってきた。隋所の美しい映像の撮影には、その舞台装置にかなりの力がそそがれたであろうことが次第に見えてきた。特に、外海に出た漁船の上で亡くなった奥さんの遺言に従って、左手で抱えた骨壺から奥さんの粉骨を右手でつかみ出して次々と海に散骨し、そのリン酸カルシウムの結晶が海水中で太陽の光を浴びてキラキラと輝きながら拡散沈降していくショットは秀逸だと思った。水中カメラなど凝りに凝った技法が感じられた。

 

野球帽を深めに被って海岸ですっくと姿勢よく立って遠くを眺める斜め後ろからの高倉健の映像が、一番印象的だ。孤独で寡黙に人の意見を聞くが、相手の目を見ながら、自分の意見を言わないでただうなずいている。いまさらながらこういう対人関係の技法は学ぶべきかもしれない。もう遅すぎるかもしれないが。

 

コマーシャルなしで、高倉健なりに凝りに凝ったとおもわれる<役作り>をもういちどきちんと映画館に足をはこんでじっくりと賞味してみたい。時間があれば。

 

(森敏)