2015-05-18 14:59 | カテゴリ:未分類

IMG_0598----.jpg 
図1.ジョロウグモの放射線像を撮るために袋に入れていたもの。
採取地点は浪江町塩浸,空間線量は毎時4-6マイクロシーベルト。
このクモの採取は加賀谷雅道カメラマンによるものです。

Jyorougumo_JPG----.jpg 
 図2.上記図1のオートラジオグラフ。
   

  これまでに沢山のジョロウグモの放射線像を撮影して来たのだが、2014年末に投稿した論文が「掲載可」として受理されるまでは、このwinepブログや我々の近著『放射線像 放射能を可視化する』(皓星社)にはその撮像を掲載できなかった。学術論文としては、通常すでにどこかで一度でも発表された画像は、オリジナル論文には採用出来ない。幸い今回我々の論文が日本学士院の欧文誌であるProceedings of the Japan Academy Series Bに受理されての今年の4月号に掲載された。なので、今回ジョロウグモのオートラジオグラフを紹介し、その画像の撮像が如何に困難であったのかの苦労話を延々としたい。オートラジオグラフに興味のある方は我慢して読んでください。

 

  現地でよく観察すると、ジョロウグモは桜の樹を好んで生息することが分かった。クモを現地で採取すればわかるが、2匹以上を同じビンにいれると猛烈に暴れまわって共食いをするので五体満足なクモ(クモは八本足だが)でなくなる。だからクモは一匹ずつしか保管できない。もし透明のポリびんなどに保管すると、1-2日もすると、クモは網を張ってそれに60℃の角度で頭を下にして懸垂する。秋口に妊娠した雌のジョロウグモはおなかがパンパンに膨れており、2-3日暗所に置いておくと卵嚢をつくりそれを空中に懸垂する。自分自身は出産後の萎びた体になって8本の足を閉じて硬直して死んでしまう。また、クモを小型のZiplocなどの密閉したポリ袋に空気を抜いてぴったりと保存すると、酸素欠乏で、あっという間に体液を分泌して、死んでしまい、体が融解しはじめてしまう。図1に示すように袋の中は溶け出た体液だらけになる。このようになかなか扱いにくい生き物なのである。

 

  ジョロウグモをオートラジオグラフに撮るには、姿かたちを整えてIPプレート(X線フィルムに相当する)に密着するために扁平にしなければならないのだが、これがまず難しい。生きたクモは絶対に扁平にはならないし、死んだクモも硬直して立体的に折りたたまれているからである。それを上から無理押しして平らにしようとすると足や首ががボキボキに折れるか簡単に「自切」してばらばらに抜けてしまう。これはカニやエビなど節足動物をオートラジオグラフに撮るときの共通の困難さである。おまけにクモは長く圧着すると体液を出して死んでしまうので、図2のように体液が放射能を含んでいて、この放射能も共に感光してしまう。

 

  上の図1には袋に入ったままのジョロウグモの放射線像と、体液がにじんだ袋から出したジョロウグモの放射線像を示している。図2の写真と比較すれば、袋に入れたものは、袋の周辺にたまった体液がにじんでいることがわかる。今回の写真では一つとしてまともなオートラジオグラフが取れたものがないことを示している。それでも、
1.すべてのジョロウグモが放射能汚染しており、
2.おなじ地点でとったにもかかわらず一匹ずつの放射能が異なる。
3.漏れ出た体液も放射能汚染している。
などと、きれいな像が撮れていなくても、このオートラジオグラフの手法によっていろいろなことがわかるのである。

本格論文には以下の写真を載せた。
プレゼンテーション1-- 
 図3.ジョロウグモの放射線像(左:2011年捕獲)、(:右2014年捕獲)
  
  図3の左の写真は2011年9月に捕獲したジョロウグモで放射能は110mAg, 137Cs, 134Csを含んでいるものである。右の写真Bは2014年10月に捕獲したジョロウグモで137Csと134Csを含んでいるが110mAgは環境から物理的な半減期減衰で消滅してしまった時期のものである。だから図3の左の画像で見る3つの点々は110mAgがジョロウグモの中腸腺に含まれていることを示しており、137Csと134Csは体全体に含まれているように見えると想像した。実は、すでにかなり以前のブログでも述べたのだが、節足動物の場合は銅が酸素と結合して酸素の運び屋である「ヘモシアニン蛋白」の活性中心に存在している。放射性銀(110mAg)は銅と周期律表で見ると同族であるので、銅と入れ替わってヘモシアニンと結合して体中を回っていると考えられるのである。人間の場合はヘモグロビンの活性中心には鉄があり、酸素がこれと結びついて血流にのって体内循環しているのであるが、銀と鉄とは同じ周期律表の系列ではないので置換しない。だからヘモシアニンを持つ節足動物は強い銅の腸管吸収トランスポーターを進化的に持っていると考えられるのである。この銅のトランスポーターが放射性銀をも間違って腸管吸収するのである。
  
(森敏)
附記:我々のジョロウグモの論文は

Discovery of radioactive silver (110mAg) in spiders and other fauna
in the terrestrial environment after the meltdown
of Fukushima Dai-ichi nuclear power plant
というタイトルで以下に掲載されています。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/pjab/91/4/91_PJA9104B-03/_pdf

 

 


2015-05-13 06:57 | カテゴリ:未分類
プレゼンテーション1------ 
生後まもなく死んだポニーの子をやるせない顔で運ぶ細川徳栄さん
       
   
以下は
2015 年5 月12 日 飯舘村/福島再生支援東海ネットワーク 事務局
からの転載です。
 
細川牧場で子馬が逝きました。計33 頭目です。
死亡の第一報は5 月12 日の午前10 時頃、細川さんより。
まだ詳しいことは不明。
つい先日生まれたばかりのミニチュアホースのこどもです。
これから獣医に来てもらって死亡診断書を作成してもらうとのことでした。
これで2013 年始め頃より、馬29 頭、羊4 頭、計33 頭が連続死したことになりま
すが、依然としてこの異常な連続死に向き合ってくれる科学者は極めて僅かです。
もちろん行政も見て見ぬふりはこれまで通り。
いのちというものを、或は自然や生態系というものを、このクニ(ないし世界)を支配
する連中がどう思っているのか、とてもよくわかる構図だと思います。
何があろうと、我々はめげずに現実と対峙していきましょう。
 
 合掌
2015-05-11 21:28 | カテゴリ:未分類

 DSC00137----.jpg 
 図1.葉がクロロシス(黄白化症)を示す2本のイタドリの茎 (すみません、写真が横になっています)
DSC00138----.jpg 
図2.正常なイタドリ。(すみません、写真が横になっています)

 浪江町で植生調査をしていたら、偶然、葉がクロロシス(黄白化症)のイタドリ(すかんぽ:Fallopia japonica)の株を発見した(図1)。あきらかに突然変異と思われる。通常は、このすぐ近く40センチ離れたところに生えていた図2に見られる株のように葉がみずみずしい緑色を示すはずであるのに、この株は薄い黄色である。おまけに茎の紫色も心なしか薄い色になっている。これもアントシアニン+クロロフィルで濃い紫色になるべきところが、クロロフィルがないためアントシアニンだけの紫色になっているからだと思われる。

   

  ここの土壌表層の放射線は毎時15マイクロシーベルトという高い値を示していたので、土を、掘るのはやめたが、このクロロシス株と正常株は地下茎でつながっていると思われる。

    

  地下茎の生長点が土壌の放射線でヒットされ続けてクロロフィル(葉緑素)の生合成行程に関わる多くの遺伝子のDNAのどれかに突然変異が起こり、クロロフィルが合成されなくなった細胞が増殖して茎や葉になっているものと想像した。クロロフィルができないので葉っぱが光合成(独立栄養)が出来なくても、土から頭を出して株が生長し続けているのは、昨年度に地下茎にストックされた栄養源を補給され続けているからだと思われる(従属栄養組織になっている)。あるいは隣の正常株からの栄養源を根系を通じてもらっているのかもしれない。しかしこの株はいずれ枯死するだろう。

    

  以前に飯舘村のギシギシのクロロシスを紹介したことがある。このときも新生白色の葉は結局活性酸素を消去できないためかネクロシス(褐色化)を起こして枯死した。(以下の一文です)
     

ギシギシの変異株発見
   
 
  同行した若い諸氏はこの植物が何かが分からないようだった。しかし小生はこのイタドリには幼少のころの強い思い出がある。太平洋戦争開戦直後(1942年)に今の北朝鮮から帰国して、高知県旭駅前町に住んでいたときは、終戦後は極貧の食糧難の生活であった。母親はタンスの反物を「下肥え」を汲みに来ていた農家の芋類と物々交換していた。父親は「朝鮮電力」の技術者であったのだが敗戦で当然ながら失職して帰国して、どこに出かけているのかほとんど家にいなかった。幼稚園や小学校から家に帰っても何も食べるものがないので、小生はランドセルを放り出して、近くの山や川で食べ物をあさっていた。そんなとき柔らかい地中から出てきたばかりのジューシーなイタドリは蓚酸を含んでおり、がりりと噛むと酸っぱいこと甚だしかったのだが、塩をかけるとおいしく空き腹を充たしてくれたのである。今回も、懐かしいその感触を味わおうとしたのだが、さすがに強度放射能汚染地の野生植物なので、噛むのがはばかられた。
 
(森敏)      

追記:驚いたのだが、ネット検索すると、イタドリに郷愁を覚えている戦中戦後の餓えた世代がけっこういるようだ。わが郷里の高知県ではいまでも朝市などでイタドリを売っているとか。


 


2015-05-04 18:34 | カテゴリ:未分類

           連休で遠出するのもお金と体力がいる。なので、これまでふらっと休館日に訪れたために、肩すかしを2度ばかり食らってきた新装の記念館を、きちんと開館日であることを電話でたしかめて、訪れた。ビーグルという文京区の循環バスに乗れば100円で30分で行ける距離であった。これまでもあちこちで記念展示会なるものを見てきたが、それらは昔の偉人伝にある資料をなぞるぐらいなもので、どれも似たり寄ったりであった。その上、小生は40年ばかりまえに日本土壌肥料学会のエクスカーションで津和野の外の生家を訪問し、西周(にし・あまね)など彼に影響を与えた津和野の人間関係も歩いて調べたことがある。(このころは学会は1週間にわたるエクスカーションを組んでくれてずいぶんためになった。)

  

今回の展示は、実に充実していた。はじめて見るものがいっぱいあった。の3男であった森 類氏が保管していた資料6千点を、類氏の御遺族が文京区に寄贈したのだそうである。今回展示されていたのはそのうちの300点ぐらいであろうか。いずれも小生にとっては、なぜだか自分でも分からないが、興味津々の資料であった。小生はiPadで青空文庫からの著作や雑文をダウンロードして読んでいたので、展示物の一つ一つの位置付けが非常によく理解された。

   

小生には、と年齢が数歳下の夏目漱石の両人が、後年文壇で功成り遂げて有名になって本郷界隈(今の文京区あたり)に住むようになっても、あまり両者の直接の対面の交流がなかったのは何故だろうか、という疑問をずっと持ち続けていた。生涯で両者は4回だけしか遭遇していないということである。多くは正岡子規が介在していたとのことである。この点に関しては、時系列を追った展示の説明によれば、両者は自らの新著作が出版されるたびに贈呈しあっていた、とある。だから、お互いに自らの新作に対する評価を気にしていたことは確かであると思われる。しかし世間に対してはあからさまには互いの感想を述べてはいないようである。この点に関して、展示物を詳しく見ていて、実に驚いたことに、「倫敦塔」「幻影の盾」「趣味の遺伝」「坊っちゃん」「野分」などを長男の於菟に読ませるために、外はわざわざそれらが連載されていた本をほぐしてその部分だけを集めて手製の製本にしていたという。その実物が展示されていた。この筋書きが本当ならば、は漱石を密かに非常に尊敬していたものと思われる。の隠れた側面を見たような気がしてなぜか胸にすとんと落ちる物があった。

    

見学は全く飽きなかったのだが、展示物はほとんどがガラス越しで、近眼鏡で近くの平置きの展示物を、老眼鏡で壁に掛けた絵写真や文字を、交互にメガネをかけ変えながらの中腰の姿勢を繰り返していたので、足先と腰が痛くなってきた。なので、1時間半集中して見たのだが、さすがに途中で集中力がとぎれて詳しく見ることをギブアップしてしまった。令(とし)には勝てない。
  
  一階の喫茶室でコーヒーと和菓子をいただいて一服して退館した。展示資料が入れ替わったら、是非又出かけたいと思う。洋風ケーキがなかったので次回来るときにはぜひドイツ風の分厚いケーキを提供してもらいたいと思った。完全に暇になったら森 鷗外記念館の「会員」になって、喫茶室のこのケーキにつられて2階の図書室にある森鷗外全集その他を読みに何回も訪れることになるかも知れない。

  

(森敏)


追記:鷗外と漱石に関しては、昔以下の一文を書いたことがあります。


なりたくない自分になるな

2015-04-29 10:34 | カテゴリ:未分類
以下書いているうちについつい論文調になってしまいました。



表1.「世界の原子力発電開発の動向 2015年版」(原子力産業協会刊)。ホームページから転載
 

 
 gensi.jpg


 


  gensi.jpg

経産省試算。原発のコスト優位性再確認 1キロワット時当たり10.1円

経済産業省は27日、電源別の経済性を計る発電コストについて新たな検証結果を明らかにし、原子力が2030年時点で1キロワット時当たり10.1円とすべての電源で最も低くなった。火力や再生可能エネルギーと比べたコスト面での優位性が改めて裏付けられた形だ。政府が試算を発表するのは11年12月以来。28日に政府案を示す30年時点の電源構成比に反映するため、再計算を進めていた。

 原子力は東日本大震災後に取り組んだ安全対策を追加コストで乗せたものの、安全対策で将来的に事故が起きるリスクが下がり、賠償などの想定費用が低下することも考慮。発電コストは前回試算(8.9円)から1.2円増加した。

 再生エネでは急速に普及が進む太陽光(メガソーラー)を前回試算(12.1~26.4円)から12.7~15.5円に変更した。太陽光パネルなどの価格低下を織り込んだ。

 一方、二酸化炭素(CO2)を排出する火力発電は、排出権の取引価格や燃料価格の変動を踏まえ、液化天然ガス(LNG)火力が2.5円増の13.4円、石炭火力が2.6円増の12.9円と前回試算より引き上げた。
   

以上は資料である。さて、ここからが本論である。

上掲の表1はいろんなことを考えさせてくれる重要な基本データであると思う。このそれぞれの国のデータを、その国の国土面積や、人口や、その他の数値で割り算してみると、何か新しいことが見えてくるのではないだろうか。

 

表1によると明らかに欧米諸国は原発建設を停止や廃炉の方向にあるが、中国・インドなど人口増大国は建設ラッシュである。核廃棄物処理や事故後の膨大な住民対策や廃炉処理費用など後世代に回された電力コストを計算に入れていないで、原発事故は起こらない、起こっても人の命や環境汚染など大したコストではないと考えているのかもしれない。石炭排気ガスに苦しむこれらの国では建前上は地球温暖化に原発は優しいエネルギー源であるというふれこみである。

 

上に掲載した産経新聞の記事のように、日本でも経済産業省は事故対策費用を含めて原発の電力コストを冷静に(?)計算し始めた。計算の詳細な根拠がよくわからないが、ほかのもろもろの新聞報道では、日本での原発大事故の発生頻度を野田政権の時は40年に一度と考えていたが、安倍政権では80年に一度と考える(これを裏返せば、原発事故は100%おこりうるということを認めているということである)。その「期間延長」の理由は「日本では原子力規制員会による新規制基準が以前よりも厳しくなったので、格段に原発の安全性が高まった。従って原発事故発生の確率が下がったため」と述べている。なんとも表現のしようがないどんぶり勘定ではある。

 

そこで、この経産省による80年に一度原発大事故が起こるという仮定を採用して(つまり表1の日本では48基が稼働中と考えて)、世界での原発事故の発生頻度を計算すると(表1の一番下の欄に書かれている世界では431基が稼働中と考える)、

48基:431基=1/80:1/X

X=8.9

すなわち、世界では約8.9年に一度世界のどこかで原発大事故が起こるということになるだろう。これが表1の下の欄のように数年から10数後には世界の新原発が将来計画通りに建設されて607基が全部稼働することになると、単純計算でその後は約6.3年ごとに一度は世界のどこかで原発大事故が起こるということになる。 どうせ経産省による原発事故の発生頻度などどんぶりの仮定だから、これぐらいの大まかな外挿計算は許されるだろう。

 

 そのうえ、原発もドローンの様な航空機テロや、意図を持ったドイツ航空機事故のパイロット場合のように、原発の場合もオペレーターによる意図的なヒューマンエラー(誤操作)などが起こりうるだろう。こんなことなどは、日本の原子力規制委員会は全く考慮していないだろうから、実際の原発事故の発生確率はもっと高いかもしれない。スリーマイル原発事故もチェリノブイリ原発事故も本当は天災ではなくオペレーターによるヒューマンエラーによるものであったことを忘れてはならない。日本では天災ばかりが原発事故の要因として喧しいのであるが。
  
      このように、表1は今後もいろんな議論のたたき台になる重要なデータである。
           
(森敏)
追記:以下の産経の記事には田中委員長が原発上空の警備強化を文書で原発業者に要請したとあった。田中委員長の感度はいいのだが、業者に要請さえすれば規制委の役割を果たしたということにはならないだろう。審査基準として法制化しなければ全く意味がない。立法府による法文としての罰則規定がない「要請」は何の意味ももたないだろう(2015.5.1.)
      
   

原発上空の警備強化、規制委が要請 (2015.4.28.産経ニュース)

原子力規制委員会の田中俊一委員長は28日の定例記者会見で、首相官邸屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件を受け、原発を持つ原子力事業者などに対し、原発上空の警備強化を要請したことを明らかにした。

 規制委によると、対象は原発のほか、使用済み核燃料再処理工場など核燃料サイクル関連施設や研究用原子炉など。官邸屋上でドローンが見つかった翌日の23日、文書で求めた。

 威力業務妨害容疑で逮捕された山本泰雄容疑者(40)のブログによると、昨年10月、「偵察」と称して九州電力川内原発(鹿児島県)を訪れ、ドローンを飛ばして撮影を試みていた。

 規制委事務局の原子力規制庁の担当者は「今回の事件で、類似のものが原発に飛来する事態が現実味を帯びてきた。警備員が巡回する時間帯など情報の断片を集め、悪用される恐れもある」と警備強化の必要性を説明した。